CONTRASTは、創(造)る行為で私たちを魅了する人物にフォーカスし、彼らとの対話から「ものづくりの温度」を伝えるウェブマガジンです。

contrast

CONTRAST [インタビュー] 突き詰める旅

突き詰める旅

Bacho(プロフィール)

Bacho

プロフィール Bacho
Vocal and Guitar : 北畑欽也
Bass : 伊藤知得
Guitar : 三浦義人
Drums : 高永和裕基

2009年 cosmicnoteよりデモ『僕を定義する』をリリースし500枚を完売させ期待が高まる中、1st mini album『求』を発表。膨大な量のツアー本数をこなしながら2010年11月、2nd mini album『レコンキスタ』をリリース。2013年にはFUJI ROCK FESTIVALのROOKIE A GO-GOへの出演を果たす。その直後に7" EP 『落葉』をリリースし東京でのワンマン、神戸でのLOSTAGEとの2マンは未だかつて無い熱狂で迎えられた。さらにその年末にはenvyとの2マンを成功させ次へのステップを踏み出した。
2014年1月にはFIVE NO RISK、PALM、waterweedとの共同企画「MAN POWER」を大阪心斎橋BIG CATで開催し、このシーンの熱量を焼き付けた。続いて3月に今作の布石になるような空気感を内包した新曲が収録されたV.A.『cosmicnote10』に参加、代官山UNITで開催されたcosmicnote 10th annIversary fesではレーベル10周年フェスのトリという大役を務めた。
そして2014年の大半を曲作りとレコーディングに充て、待望の1st full album『最高新記憶』を完成させた。

Bacho公式WEBサイト
『最高新記憶』特設サイト

姫路から、ありのままの感情をのせてかき鳴らし絶唱するBacho。楽曲やライブから感じる日々の鬱憤の発露に評価が集まるが、それはインディーズの枠の中で語られるにとどまっていた。2013年のFuji Rock Festivalに出演したものの、バンド名を知っている方はまだ多くないのではないかと思う。

2015年2月25日。彼らのバンド活動13年の集大成となる1stフルアルバム『最高新記憶』の発売日。この日、状況が変わった。タワーレコードをはじめ各レコードショップの特集コーナーに、肝心のCDがなかった。正しくは、朝にはあった。売れて、なくなった。バンド自体の等身大の活動が、周囲の予想を超えて実を結びはじめた瞬間だった。

今回のアルバムの発売に際し、私は特設サイトで公開しているロングインタビューを担当させていただいた。約25,000文字にわたる長編ながら、まだまだ話題は尽きない。ここでは、Bachoが受けた他のバンドからの影響やターニングポイントとなったライブについて触れていく。
新たな地平に登り出した彼らは、今年いっぱい楽器を携えた旅人。その旅へと向かう心境は、期待感で漲っていた。

Text by WATACO Photo by Kazushi Matsumura
1 2

フジロック、そしてenvy

2013年に出演したフジロックはどうでしたか?

北畑

あれは、自分の中ですごく価値があったと思いますね。出たからバンドがどうなったとかは特にないし、別にすごいとかでもないです。個人的に色々なステージを観に行ったんですよ。で、クソでかいステージに行ったら、ものすごい数の人がおるのを、たった数人がステージに立って沸かしてることを目の当たりにして。これはすごいと思ったし、あそこでやったらどうなるやろって思ったんです。やっぱりもっとでかいところで、いっぱいの人の前でやってみたいっていう気持ちを持ちましたね。

大きな刺激になったんですね。

北畑

そうですね。もちろん、今のライブハウスに来てくれる人も最高で、それだけでも正直めっちゃ最高なんですよ。

それはそれで100%満足だし。

北畑

そう。100%満足できる。自分たちの企画なんて、もうこれ以上の最高はない。それはもちろんそうなんですけど、フジロックのどでかいステージを観たときに、こういう最高もあるんだなって。

形は違えど、っていう感じでしょうか?

北畑

音楽をやってるんやったら俺だって味わってみたくなったし、「そんなんええわ」っていうんじゃなくて、ちゃんと目指してみようっていう。そうじゃなきゃ、たどり着けないって思ったんです。フジロックは、そういう自分自身のきっかけになりましたね。

CONTRAST [インタビュー] Bacho | 突き詰める旅

あとは、envyとの2マンというのも大きいと思いますが。

北畑

うん、大きいですね。

きっかけは何だったんですか?

北畑

Vocalのテツさんがメールをくれて。「Bacho、一緒にやろうよ」って。そのときは震えました(笑)。

そりゃあ震えますね(笑)。

北畑

1分で返事しました(笑)。「やります」って。「このあたりの日程なんだけど…」「大丈夫です」。ライブが決まってないところだったんで、「絶対やります」って。

メンバーに相談する前に?

北畑

いつもは相談しますけど、この時は相談前に。


三浦

うん、事後報告でしたけど、びっくりしました。


北畑

先に入っているライブがあったら仕方ないけど、その辺はみんな同じ気持ちやと思って。

先約があれば筋は通すべきですからね。とはいえ、ちょうど空いてるところにオファーがあり。

北畑

そうですね。偶然、ブッキングとかの企画でパッてやるっていうのも楽しいんですけど、直接声かけてもらえるなんてほんまに嬉しかったし、「やるぞ!」って気持ちになって。それはまあ、いろんな他のバンドもあったんですけどね。例えば、大好きやったMOGA THE ¥5とかも企画とかに呼んでくれて。それって、自分の好きな人たちがええって言ってくれるんやって思えるじゃないですか。そりゃもう、「やった!」っていう(笑)。ほんまに心から「これでええぞ」って確認できる。これで大丈夫やって。

CONTRAST [インタビュー] Bacho | 突き詰める旅

確かに。唯一外から証明されることですもんね。

北畑

もちろんお客さんも嬉しいんですけど。やっぱり好きやった人に認められるっていうのは、単純に自信になりますね。

やりたいことをやるだけ

最後に聞きたいんですが、メジャーに行きたいという気持ちはありますか?

北畑

メジャー…。


全員

うーん。


伊藤

僕はそんなにないですかね。


三浦

僕も個人的にはないかな。


北畑

やりたいこととかを話す過程で、協力してくれる人がいて、「そういうのやりましょう!」っていう話はメジャー/インディーに関わらず全ての人にあるから、絶対ないっていうわけではないですね。自分がやりたいこと、バンドでやりたいことと、相手が思ってることが一致して、「じゃあ、ちょっと協力してください」とかいう話はメジャーとか関係なくあると思いますよ。ただ、メジャーの枠の中にバンドを押し込むような、ある意味そういうシステムがあるとしたら、そこに入りたいとは思わないですね。

もし縁があって、人が合うならば、それも一つだと。

北畑

嫌だとかではないですけど、メジャーでなくともある程度やれるなって、今までやってきて思ってるし。

積み重ねがありますからね。

北畑

別にやれるし、メジャーに行ったからといって何か変わるのかな?というのは思います。もちろん、得というかメリットはあるんでしょうけど、あんまり考えてないですね。

まあ、バンドとしてメリット/デメリットを追い求めるわけじゃないし。

北畑

そう。それに、そういう選択肢を選べというタイミングもないから、今の感じでやってるし。だから、嫌だとか良いとかかあんまり考えてない。もし「こうせえへん?」って言う人がいたら、もちろん色々と話はするんでしょうけど。

どう転ぶかもわからないと。

北畑

うん。今のやり方に全然不満がないし、「もっとこういう風にやりたい!」とかもないから。とにかく、自分らがちゃんとやるしかない。自分らがちゃんとやれば、好きな人が絶対おるし。これは、今までやってきた中で自信がついてるんですよ。メンバーみんながやりたいって言うんだったらやるし。もっとバンドの自然な話。とにかくライブして、どんどん盛り上がっていければええなっていう単純な話ですよ。今回のアルバムにまつわるツアーで、それを突き詰めていきたいですね。

YouTube Preview Image

INFORMATION
  • <RELEASE>
    『最高新記憶』
    Now On Sale

    1.さよなら
    2.最高新記憶
    3.ビコーズ
    4.ショートホープ
    5.いつかの約束
    6.落葉(flashback)
    7.高砂
    8.これでいいのだ
    9.自分抄 10.ドリームドランカー
    11.孤独な戦い

    CD
    EZCT-55 ¥2,000(税抜)
    cosmic note

    <最高新記憶 TOUR>
    2015.03.21 @下北沢 SHELTER
    W/kamomekamome/endzweck
    OPEN/START 18:00/19:00
    TICKET ADV ¥2,500/DOOR ¥3,000

    2015.03.22 @仙台 BIRDLAND
    W/kamomekamome/endzweck/EXORGRINDST
    OPEN/START 18:30/19:00
    TICKET ADV ¥2,500/DOOR ¥3,000

    2015.03.28 @大阪 西中島 RAINBOW
    W/COUNTRY YARD
    OPEN/START 18:00/19:00
    TICKET ADV ¥2,000/DOOR ¥2,500

    2015.03.29 @京都 GATTACA
    W/COUNTRY YARD/nim/bed
    OPEN/START 18:00/19:00
    TICKET ADV ¥2,500/DOOR ¥3,000

    2015.04.04 @長野 NEON HALL
    W/FIVE NO RISK/前川エクスプロージョン/heriotrope
    OPEN/START 18:00/18:30
    TICKET ADV ¥2,000/DOOR ¥2,500

    2015.04.05 @岐阜 柳ヶ瀬ANTS
    W/DUB 4 REASON/my young animal/Shift Control/and more…
    OPEN/START 18:00/18:30
    TICKET ADV ¥2,000/DOOR ¥2,500

    2015.04.11 @新潟 WOODY
    W/COMMUNE/HAWAIIAN6/MY HAIR IS BAD
    OPEN/START 18:00/18:30
    TICKET ADV ¥2,500/DOOR ¥3,000

    2015.04.12 @金沢 LIVE HOUSE vanvanV4
    W/COMMUNE/HAWAIIAN6/and more…
    OPEN/START 17:30/18:00
    TICKET ADV ¥2,500/DOOR ¥3,000

    2015.04.25 @奈良 NEVERLAND
    W/LOSTAGE/forget me not/RAY
    OPEN/START 17:30/18:00
    TICKET ADV ¥2,300/DOOR ¥2,800

    2015.04.26 @高松 TOONICE
    W/LOSTAGE/forget me not/やじん
    OPEN/START 18:00/18:30
    TICKET ADV ¥2,500/DOOR ¥3,000

    以降のスケジュールはhttp://handlshop.com/cosmicnote/をチェック。

編集後記 あれは確か2008年。僕がやっているTOMATO STEALというバンドのリリースをcosmic noteの宇宙さんと進めていたとき。ENDZWECKの遠征から帰ってきた宇宙さんの表情がものすごく溌剌としていて、会うなり「コーイチ!これ聴いて!」って。聴かせてもらったCD-Rから流れてきたのは、切ないギターと強固なリズムの演奏にのる自身の内面をありのまま投影した絶唱。しびれました。あぁ、言葉にすると陳腐でもどかしい。でも、本当に衝撃だった。今でも忘れられない。これが僕のBachoとの出会い。
それから7年。演奏と歌により深い感情をのせて円熟したフルアルバムは、再びあのときの(いや、それ以上の)衝撃を僕に与えてくれました。そりゃ僕も色々と経験したし、ちょっとやそっとじゃ感動もしなくなりましたよ。ただ、Bachoはそんな個人の経験の中で胸につかえていたことを全部歌に昇華して届けてくれたんです。「わかってくれるのか」って涙が出た。
褒めすぎだろお前、って思う?そうかも知れませんね。ただ、とにかく聴いてみてください。聴き終えた頃には、最高の記憶があなたの頭に刻み込まれているはずだから。
編集担当:WATACO
1 2