CONTRASTは、創(造)る行為で私たちを魅了する人物にフォーカスし、彼らとの対話から「ものづくりの温度」を伝えるウェブマガジンです。

contrast

CONTRAST [インタビュー] 技術を越えたグルーヴ―前編

技術を越えたグルーヴ―前編

橋本塁(プロフィール)

橋本塁

プロフィール 橋本塁
1976年北海道生まれ。24歳の時、ジーンズのパタンナーから突如カメラマンに転身。雑誌『ollie magazine』の社員カメラマンを経て、2005年に独立。同年1月に写真集『LOVE』を出版。2006年から自身の写真展&ライブイベント『SOUND SHOOTER』を毎年3月に定期開催。GLAY、Hawaiian6、the band apart、ストレイテナー、THE BACK HORN、THE BAWDIES等のオフィシャルライブ写真、アーティスト写真等を担当。

2010年10月には、ドットをコンセプトにしたアパレルブランド『STINGRAY』を立ち上げる。
橋本塁 公式サイト
STINGRAY 公式サイト

金髪に大判のサングラス。基本的に黒い洋服を身に纏い、ドット柄の割合も多い。その姿をよく見てみると、タトゥーも掘られている。外見から派手なインパクトを放つ男の名前は橋本塁。ライブ写真を中心に活躍しているカメラマンである。

橋本は前述に挙げたように、自分のスタイルを決して曲げない。これは彼がカメラマンとして名が通るようになってからのことではなく、それ以前からずっとド派手な出で立ちを貫いているのだ。彼を知らない人にとっては、チャラチャラしているように映るのかもしれない。でも彼が第一線を張り続けるカメラマンある事実を知れば、そのスタイルを認めざるを得ないだろう。彼はそのやり方で生計を成り立たせているのだから、文句のつけようがない。

今回のインタビューは、橋本の生い立ちからキャリアの変遷を前後編に分けてお届けする。また撮影は橋本の初代アシスタントの鈴木公平が担当。かつての弟子がカメラを構える前で師匠は何を語るのか。型破りのインタビューが始まる。

Text by Shota Kato Photo by Kohei Suzuki

ガラガラのSHELTER。あるバンドのヴォーカルがすごくかっこ良かった。

今日はかつてのお弟子さん(鈴木公平、フリーランスカメラマン)に撮られながら、ご自身の歩みを語っていく企画ということで(笑)、改めてよろしくお願いします。

橋本

よろしくお願いします。あいつ、めっちゃニヤニヤしてますね(笑)。

あはは!さっそくなんですけど、塁さんはジーンズのパタンナーから突如カメラマンに転身されたいうことで、まずはそこから教えてもらえますか。

橋本

転身した理由ですか。北海道の田舎出身だったんで、東京に来る理由が欲しかったんですよ。その理由は、とりあえず大学行っときゃなんとかなるっていうか、なんか好きなことできるだろうっていう程度のもので、実際に東京の大学に入れて、いちおうバンドをやってたりしたんですけど、半年ぐらいで自分には才能がないって気付きましたね。

パートは何をやってたんですか。

橋本

ベースですね。で、これはいかに運が良くても無理なんだなっていう話なんですけど、新卒で就職したのがジーパンのパタンナーなんですね。面接を受けてる30人ぐらいの人たちが、文化(文化服装学院)だとかバンタン(バンタンデザイン研究所)とかの出身で、僕一人だけがとりあえず私立大学の商学部から来たっていう。それも、パタンナーってどういう仕事かもよく分かってないまま。

パタンナーには深い理由はないんですか。

橋本

理由が渋谷勤務っていうのと、私服でいいっていうのと、土日は休みっていうことで、なんていい会社なんだと。「ジーパンのパタンナー…。よく分からないけど楽しそうだなぁ」と思って面接まで行ったんですけど、面接の時に「パタンナーってなんですか?」って聞いてしまったんですよ(笑)。

CONTRAST [インタビュー] 橋本塁 | 技術を越えたグルーヴ―

それはダメですね(笑)。

橋本

それで面接官の方に激ギレされて。でも、ここまで知らないほうが、イチから叩き込めば吸収するんじゃないかっていうことで採用されたんですよ。過去にパターン科を卒業した人を採用してたんですけど、技術とか知識はあっても、自分が学んできたことと現実が違ってつまずいたりして、そこで苦労する人が多かったらしく。お前みたいなゼロのやつを1,2ヶ月、秋田の工場にぶっ飛ばしてやるから、ミシンの構造とか学んでこい、という感じで始めるんです。

仕事は充実してましたか。

橋本

楽しかったんですけど、覚えることは多過ぎるし、結構大変な仕事だったんです。「5,6年やったら慣れるだろうな」と思ってる間に、たまたまライブを観に行ったバンドのライブがすごくかっこよくて。僕には妹がいるんですけど、その当時は留学していて、たまたま東京に戻ってきていたんですね。「ライブ観に行こうよ」って言われて、SHELTERに行って、ガラガラのフロアの階段のところでずーっと観ていたら、あるバンドのヴォーカルがすごくかっこ良かった。当時はまだ携帯のカメラもそんなに普及してない時代だったし、その時点でまだ僕はカメラをやってないんですけど、持っていた「写ルンです」でそのバンドを撮ったことが、写真を撮るきっかけになるんです。

ちなみに撮ったバンドは?

橋本

Hawaiian6です。ライブ後に話して仲良くなって、次のライブに遊び行った時にはスタッフパスをもらったんですけど、当時は恐ろしいことに何も知らないんで、とりあえず一番安い一眼レフに外で撮るような感度100のフィルムをとりあえず入れて、フラッシュとかバシャバシャ焚いてました(笑)。2回目とかで打ち上げに出たりするようになって、メンバーみんなと年齢が同じぐらいだったので、仲良くなるのが早かったんですね。それから誰も知り合いがいない中にポンと一人飛び込んで行って、そしたら周りにDOPING PANDAだったり、バンアパ(the band apart)だったりがいて。2,3ヶ月後には撮ってるバンドがどんどん増えてきて、1年後には、20~30バンドに膨れ上がりました。でも、仕事にも何にもなってないんですよ。

完全にボランティアですか。

橋本

そうですね。でも「いい趣味を見つけたぞ」みたいな実感があって、バイトしながらでもいいから、これは続けたいなと思ったんです。ちょっとパタンナーは辛すぎる部分があったんで、もう25歳だけど、1,2年バイトしながらでもいいから、好きなタイミングでツアーとかにも付いて行きたくて。バンドは諦めたけれど、こういう音楽の繋がり方もあるんだって。

それで会社を辞めたんですね。

橋本

はい。1年半くらいで辞めました。

バンドに依存しない。俺は俺でプロになる。

仕事をやっていた頃とそれ以降では、ライブ写真を撮るペースが変わってきますよね。

橋本

かなり撮ってましたね。夕方からは全然暇だったんで、行ける限りライブに行って、撮っては打ち上げで騒いでの繰り返し(笑)。なので、それで飯を食おうとは思ってなかったです。

今のような姿をイメージしなかったんですか。

橋本

そもそもが、仕事を辞めてプロカメラマンを目指そうっていうよりも、辞めて好きなタイミングで好きなバンドを追い求めようっていう考えだったんですよね。だからバイトしなきゃなって。そしたら親がキレ狂ったんですよ(笑)。

まぁ、そうなりますよね(笑)。

橋本

「大学まで行かせて、せっかく正社員で会社に入れたのに何をやってるんだ!」って。でも僕は「1,2年はやりたいことをやらせて下さい」って頼んで。

親御さんに許可をもらえたんですね。

橋本

それでバイトを探そうと思って「From A」を買ってみたら、Ollieが社員カメラマンを募集していたんですよ。「あ、カメラマン募集してる!しかもOllieだ!」って応募してみたら、たまたま受かっちゃって。僕はライブしか撮ってなかったから、全てラッキーの連続なんですよね。

ポートフォリオは持って行ったんですか。

橋本

もうライブ写真しか持って行ってないですね。面接の時に「ウチ、ファッション誌なんだけど…」みたいなことを言われたんですけど、「Ollie好きっす!」みたいな感じで言ってたら受かっちゃって(笑)。他はフリーでやってたカメラマンの方たちが来てたんで、いわゆる普通のカメラマンが多かったんですよ。僕は当時から金髪でOllieっぽい格好をしていて、Ollieが好きっていうことばかり言ってたら、意外に受かっちゃって。それからが地獄というか、大変でしたね(笑)。

何があったんです?

橋本

一気に考え方が変わりました。夜は夜で100%楽しい写真を撮って、Ollieは職業カメラマンというか、100%仕事の写真を撮る。自分が撮りたい云々は関係なくて、編集に要求された写真を返すのが「いい写真」っていう評価のされ方なので、ブツ撮りだ、原宿のスナップだ、ショップのスタッフの撮影やら、アーティストのインタビューカットとか、大体やったことのない撮影ばっかで。3年半いたんですけど、その時にいた先輩のカメラマンの方から叩き込まれながら、「あぁ、カメラマンでやっていくのは大変だし、すごい仕事だなぁ」と実感したんですね。

何がきっかけで、フリーカメラマンを目指すんですか。

橋本

Ollieに10年いるわけではないし、その当時の到達点は、音楽系のカメラマンで食っていくことでした。僕は写真を上手くなるというよりも、考え方だったりスタンスを普段から考える癖があったんで、好きなバンドを撮ってるうちに、そのバンドがきっと将来売れるというか、どんどんステージが大きくなっていくだろうと思っていて。その時に撮ってるバンドの中で、一番メジャー志向が強かったのはDOPING PANDAだったんですよ。

まだディスクユニオンにいた頃ですね。

橋本

そうですね。メンバーと話したら「あぁ、たぶんこのバンドはメジャーに行くんだろうな」と思いましたし、わいわい言ってるだけの友達カメラマンは100%切られるとも思いましたね。逆に自分がプロだったら、そのバンドがメジャーに行った時に、バンド側とかレコード会社とか事務所側から、その流れでオファーしてくれるかもしれないと思って、先に俺は俺でプロになるべきだなって。Ollieに入ってから考え方が変わってきて、自分は自分で先回りじゃないですけど、バンドに依存してるのもなぁって思い始めてから、『LOVE』っていう写真集を出したくなったんですよね。当時はTwitterもなければ、mixiもないような時代だったんで、ホームページもまだまだ黎明期でしたし、口コミの世界というか、写真を見る機会は「ドール」とか「インディーズマガジン」とかで、あとはフリーペーパーのライブレポートぐらい。だから自分の写真を見せる機会は、写真展とか写真集だと思って。Ollieで働き出して2年半ぐらいは経っていましたけど、Ollieを辞めてフリーになるタイミングに、自主制作で『LOVE』を出そうと思ったんです。

CONTRAST [インタビュー] 橋本塁 | 技術を越えたグルーヴ―