CONTRASTは、創(造)る行為で私たちを魅了する人物にフォーカスし、彼らとの対話から「ものづくりの温度」を伝えるウェブマガジンです。

contrast

CONTRAST [インタビュー] 全てはやるか、やらないか―後編

全てはやるか、やらないか―後編

大谷ノブ彦(ダイノジ)(プロフィール)

大谷ノブ彦(ダイノジ)

プロフィール 大谷ノブ彦(ダイノジ)
1972年生まれ、大分県出身。洋邦問わず音楽や映画に対して造詣の深く、これまでに数々の音楽雑誌・映画雑誌にて連載を執筆。お笑いだけに活動のフィールドを限定せず、サブカルチャーにまつわる知識を武器に、縦横無尽にジャンルを横断する。

ダイノジ
1994年結成。大谷ノブ彦と、2006年、2007年エアギター世界チャンピオンの大地洋輔からなるお笑いコンビ。
数多くの演芸・ネタ番組に出演する本格派漫才師でありながら、レポーターや司会業でも新しい魅力を発揮し、よしもとにおいてサブカルチャーに最も精通した、いい意味でよしもとらしくない稀有なコンビ。舞台や寄席を愛し、定期的にストイックにライブ活動にも励む。
近年はDJのパフォーマンスで様々なロックフェスティバルにも出演。自身が企画したDJパーティー「ジャイアンナイト」、ロックフェスティバル「DRF」で多くのミュージシャンと交流を深め、活動の場を広げている。
ダイノジ 公式サイト
大谷ノブ彦ブログ「不良芸人日記」

ダイノジ・大谷ノブ彦のインタビューの前編は、ただ彼の敬愛するサブカルチャーのルーツを探る回想というわけにはならなかった。恥部を晒すだけでなく、胸が詰まるエピソードを曝け出すあまりにも生々しい内容に、「ここまで話してくれるのか」と皆さんも驚いたのではないかと思う。

ロングインタビューの完結となる後編では、大谷はダイノジの結成から現在に至る芸人生活の変遷について語ってくれた。前編と変わらない、時に爆笑を誘い、時に固唾を飲む生々しいエピソードを添えて。

ダイノジがお笑いだけでなく音楽の分野に進出したように、芸人の価値観や活動は多様化の一途をたどっている。今や冠番組を持っていなくても「売れている芸人」と見なされる時代に、ダイノジと大谷自身が目指す夢とは何なのか。誰になんと言われようと、男はロマンを追い続ける。

Text by Shota Kato Photo by Takuya Nagamine

「うわー!やったー!見つけたぞ!」

インタビューの前半では地元・大分から上京するまでを振り返っていただきましたが、芸人を志すのは上京してからになるんですね。

大谷

そうですね。東京に出てきてから1回目的がなくなっちゃったんですよ。「こんなモラトリアムを過ごしてるのに、俺の人生どうなるんだ…」とか思ってた時に、ラフォーレで吹越満さんのライブを見たの。それがあまりにも衝撃的なライブで、当時住んでた三鷹の家まで走って帰ったんですよ。「うわー!やったー!見つけたぞ!映画監督じゃない、ミュージシャンでもない、作家でもないんだ。芸人があるじゃないか。ビートたけしじゃん!」って。そこから高校生の時にやってたネタを全部思い出しちゃって、ノートにネタを書き溜めたんです。芸人を「これだ!」って思えても、人には絶対に言えなかったんですけど、同じタイミングで、大地とたまたま再会しちゃうんですよ。

銀座で偶然再会する、あのエピソードですね。

大谷

そうそう。お互い、銀座のホテルでバイトしていて。大地は俺のことを中学校の時に救ってくれた人だし、なにより学校の人気者だったじゃない?つまり、俺のできないことを全部やってくれると思ったんですよ。だから相方は、大地以外に考えられなかった。ところが、自分たちが面白いと思ったことが全然ウケないの。やり方がまったく分かってないから。「なんで分かんないんだよ、あいつらバカだな!」とか言いながら、芸人でいることだけに自己満足していて。自意識が高いし、頭の中で考えてることをまったくできなかったんですよね。

CONTRAST [インタビュー] 大谷ノブ彦(ダイノジ) | 全てはやるか、やらないかー後編ー

大地のエアギターは、お笑い芸人だからできたこと

ダイノジが音楽と関わるようになったきっかけって、ROCK IN JAPAN FESTIVALですか。

大谷

いや、その前にイベントのDJに呼ばれて。大晦日に仕事なかったんですよね。

時系列で言うと、いつのことですか。

大谷

2005年。一番行き詰まってた時だね。松尾スズキさんとかロケットマンさんとかがやっていて、その一環で俺とやつい(やついいちろう、エレキコミック)が選ばれて。その時の評判が良かったから、コンビで出る時にはがっつりネタを作って。ネタっていうか、音楽の伝え方っていうのかな。例えば、プロ野球なんかを観てると、メジャーリーグの応援はいいって言うけどさ、日本人にメジャーリーグみたいな応援なんてできるわけないじゃん。日本人の特性に合ってないんですよ。あれは「フォー!」とか「キャー!」とか言う人たちだから。大地がエアギターで世界一を獲った時に同じことを思ったんですよね。欧米人はすぐ共犯者になってくれるでしょう?

ハマった時のリアクションが尋常じゃないですよね。

大谷

だったら演芸を足してあげて、曲の魅力を損なわない、要するに情報量が多くて、ダイレクトに届く方法みたいなのを考えようと。そしたら、その場に3000人ぐらいいた人たちが見事にハマっちゃって。

そもそも大地さんのエアギターは、どうしてやることに?

大谷

「エアギターが流行ってるから大地やってみよう」みたいなところですよ。大地と他の出場者の人たちとの違いは、他の人たちって、ただ一生懸命に弾くんですよ。中には、曲を編集しちゃったりする人とかもいて。大地の場合は、エアギターを弾かない部分が多かったの。曲中でベースしか鳴ってない時に「ベースいい音してんな」っていう芝居を入れたりして。1分の制限時間のうち25秒くらいしか弾いてないですよ。それがえらいウケて。当たり前ですよね。落語とか漫才の「間」と同じことだから。

どういうことですか。

大谷

演芸って全部「間」でできてるんですよ。詰めてる人たちって美味しいところを全部入れれば面白いと思うんだけど、お笑いは絶対にそんなことないから。だから大地のエアギターは、お笑い芸人だからできたことなんだよね。

CONTRAST [インタビュー] 大谷ノブ彦(ダイノジ) | 全てはやるか、やらないかー後編ー

本当に面白い芸人は、知ってて知らないふりをする

個人的には、お笑いのフィールドから音楽に入っていった草分けがダイノジだと思ってるんですけど、ご自身たちとしてはどうでしょう。

大谷

どうなんだろうなぁ。入っていけたのは、まずは仕事がなかったことが一つ。もう一つは、やっぱりダウンタウンさんの影響ですね。ダウンタウンさんがすごい芸人さんっていうのは、皆さん分かっている通りなんですけど、「HEY!HEY!HEY!」の司会をやったのは革命的なんですよね。それはどういうことかって言うと、ミュージシャンを芸人のフィールドまで落としたんです。「~やないかい!」みたいなことを言うわけなんだけど、そんなの本当はミュージシャンに言っちゃいけなかったんですよ、それまでは。俺はダウンタウンさんがすごすぎるほど、真似しちゃダメだなと思ったんですよね。でも真逆のことならできるんじゃないかって。つまり、俺たちがミュージシャンのフィールドまで行くことはできるかもしれないと思ったの。

あぁ、なるほど。

大谷

でも若手の頃は、音楽が好きだとか言わなかったんですよね。本を読んでても「読んでません」とか。映画を観るのも大好きなんだけど、「いっぱい見てます」みたいなことも絶対に言わなかった。でも、ダウンタウンさんがすごすぎて、逆だなと思ったんですよ。

CONTRAST [インタビュー] 大谷ノブ彦(ダイノジ) | 全てはやるか、やらないかー後編ー

どうして以前は敢えて言わなかったんですか。

大谷

芸人は知らないほうが優秀だと思っていたんで。今もそう思ってますよ。コンビで音楽番組の司会をやる時は、これまでと真逆のスタンスでやろうと思いましたね。だから、そこからは楽器のコード進行とかも含めて、音楽の専門用語を勉強しました。そりゃあ、芸人から揶揄されますよ。でも俺たちにしてみれば、もともと好きだったことだから全然イケたんです。木村祐一さんから言われて「すっげーいい言葉だな」って思ったのが、「素人は知らないのに知ってるふりのボケをする。でも本当に面白い芸人は、知ってて知らないふりをする」って言ったんですよ。

知っているのに知らないふりですか。

大谷

例えば、ダウンタウンの松本さんがパターンですごいと思うのは、プロ野球のセ・リーグの全チームを言うとしますよね。絶対知ってるんですよ。まず「巨人、阪神、中日…」ってなる。で、また「中日」って言うんですよ。知らないことをどういうボケにするかっていうパターンをいっぱい作るんですよね。それは本当にすごいことだし、芸人の基本だとも思うし、誰もがそうやっていくべきだと思うけど、俺たちは同じことをやっても、絶対日本一になれないって思っちゃったの。

それで今のスタイルに繋がるんですね。

大谷

知ってることをさも知ってるふうに語ったら、「あいつ、半分以上妄想じゃねえか」とか「危ないんじゃないか」とか、そう思わせるほうになろうって思ったの。だから、狂気をはらむようにボケに立ち向かえないかなってことをずっと考えてますね。