CONTRASTは、創(造)る行為で私たちを魅了する人物にフォーカスし、彼らとの対話から「ものづくりの温度」を伝えるウェブマガジンです。

contrast

CONTRAST [インタビュー] 説明不要のインパクトを

説明不要のインパクトを

UHNELLYS(プロフィール)

UHNELLYS

プロフィール UHNELLYS
kimのバリトンギターによるリアルタイムサンプリングと、それにジャストのタイミングで合わせたmidiのグルーヴを基盤に、ロック、ヒップホップ、ジャズの垣根を飛び越えた独自のサウンドを構築するロックバンド。

2007年、ヨーロッパツアーでのライブを収めた『Live in Europe』をリリース。2008年、2ndアルバム『MAWARU』発表。そして、ソウル・コフィンのボーカル、Mike doughtyのJapan tour招聘や、アメリカ音楽番組への出演を経て、2009年、プロデューサーにzero db(NINJA TUNE)の名で知られるTHE OKI BASSを迎え、ブレイクビーツに特化したミニアルバム『PIKA mood』をリリース。 更にTOKIEによるプロデュース・全曲アップライトベースでのコラボが実現し、ミニアルバム『BE BO DA』リリース。2010年には、野外フェス、neutralnation 2010、オーストラリアの大型フェスOne Movement festivalへの出演、3都市を回るカナダツアーなど、活動を確実にステップアップさせている。それらのライブで演奏していた曲を、そのままレコーディングしたアルバムが『to too two』。ライブと音源の距離を限界まで近づけ、尖った空気感をそのまま収録した。その後FUJI ROCK FESTIVAL、ARABAKI ROCK FEST、FESTA de RAMA、など全国の大型フェスへの出演を果たすなど、これまで以上に精力的にライブを敢行した。

2012年、ライブアルバム『Ladies and Gentlemen』、4thアルバム『UHNELLYS』を立て続けにリリース。 国内外問わずツアー、野外フェスも決定して、2012年、更なる境地へのドアを開く事は間違いないだろう。
UHNELLYS ウェブサイト

何の事前情報もなしに新しい音楽と出会う。作品のインパクトが強いほど、そのミュージシャンのことを知りたい欲求に駆られる。そんな突発的な出会いを経験すると、自分の心が躍る音楽は世の中に山ほどあるのだなと思い知らされる。音楽は素晴らしいと再確認できる瞬間だ。

UHNELLYSは幾度の変遷を経て、現在のフロントマンとドラムという最小限のバンド編成に辿り着いた。音楽性は大きな括りではロックだが、ジャズ、ファンク、ヒップホップなど、様々なエッセンスが散りばめられている。彼らの活動はライブハウスからクラブまで縦横無尽。日本に止まらず海外でのライブも積極に取り組んできた。特定のシーンに属さない活動スタンス、何らかのジャンルにカテゴライズできない音楽性は、彼らの存在が唯一無二であることを物語っている。

4枚目のアルバム『UHNELLYS』をリリースする直前に、メンバーのkimとmidiにインタビューを敢行。相反しているようで交差する彼らの音楽観から、UHNELLYSのメカニズムを紐解く。
撮影協力:more records

Text by Shota Kato Photo by Takuya Nagamine

音楽が趣味だったからやめられる。その感覚がまったく分からなかった。

今日がフルアルバムの店着日ということで明日発売日を迎えますが、今の心境はどうですか。

kim

やっぱり毎回ソワソワしますね。今まで聴いてくれてきた人を満足させられる音源ができているか。新しい人たちにアプローチできているか。そういった意味で心配になります。

CONTRAST [インタビュー] UHNELLYS | 説明不要のインパクトを―

これまでとこれからのリスナーの反応を。

kim

そうですね。

UHNELLYSはもともとガレージバンドだったそうですね。

kim

最初は3人だったんですけど、すぐに5人に増えて、また3人に戻ったみたいな感じですね。5人の時はキーボードとピンのヴォーカルもいました。

今の編成になったのはいつの話ですか。

kim

今から8年くらい前ですかね。

二人になっても続けていこうと決められた意思決定がすごいなと思っていて。

kim

ちょうど25歳の頃だったんですよね。その頃周りのバンドでも結婚するとか子どもができたとか、バンドを辞めてく人が多かったんですよ。そういうタイミングにやめられるって、その人にとって音楽が趣味だったからやめられるわけじゃないですか。俺にはその感覚がまったく分からなかったんですよ。だから二人になろうとモチベーションは変わらなかった。一緒にやっていたメンバーのことを「あぁ、そういうモチベーションだったのか」と知ったぐらいで。

kimさんは、もともとギターオンリーだったんですよね。

kim

そうです。二人になって歌うようになりました。

ライブでギターの音をリアルタイムでサンプリングするっていうアイデアは、どうやって得たんですか。

kim

ギターを弾きながら歌えなかったんですよ。だからループして歌ったというのが最初ですね。

インストという選択肢はなかったんですか。

kim

なかったですね。もともとインストってそんなに好きじゃなくて。インストって流行りがあるじゃないですか。大御所と言われる人たちにはないかもしれないですけど、流行りがある時のバンドって軒並み同じような音楽をやりだすんですよ。

あぁ、個人的に一時期のポストロックはそれに当てはまっていたと思いますね。

kim

そうですよね。今はダンスロック的な音楽がその傾向にあると思っていて。でも、歌のほうが、まだその人だけのものがあるかなという印象があります。

歌うことはすぐにフィットしましたか。

kim

いや、ためらいはありましたよ。それまではギターとしてライブをやってきましたけど、センターで自分が注目されるっていうのは恥ずかしくて仕方なかったし、サイドからセンターになるだけで「こんなに違うのか」というのはありましたね。

CONTRAST [インタビュー] UHNELLYS | 説明不要のインパクトを―

自分が10代の頃に受けた衝撃を与えられたら。

kimさんの歌詞ってメッセージ性が強いと思いますけど、一方的な自己主張ではないと思っていて。「君たちはどう思うんだ?」って自分の意見を提示した上で問いかけているように感じるんですね。

kim

それが一番大事だと思うんですよね。今って、考えた末に自分の意見を持つということが絶対的に足りてないと思っていて。日本の特色なのか若い人たちの傾向なのか分からないですけど、自分が異論を持っていてもそれを隠そうとするというか、あまりはみ出ようとしない。抑えることは良いことだと思いますけど、それがいつの時代にも合うかと言ったらそうではない。今の日本は震災もあって、それだけじゃ乗り越えられない問題がたくさんあるなという気がしていて。その気持ちは今回のアルバムには強く反映されてますね。

物事を色んな角度から見つめられる人なんだなとも思いました。

kim

多面的に見ようとしてますね。これが自分の意見だって主張したいわけではなくて、人それぞれの意見があるというのが大前提なんですよ。今回の1曲目(「EL DORADO」)はそれぞれ自分自身の思うところ、信じるところに行けばいいじゃないかという内容なんですけど、年齢とともにそういった考え方になってきましたね。

なるほど。ジャケットのデザインについて聞かせてもらえますか。

kim

表と裏でストーリーになっているんですよ。呑んでる時に話し合って、30分ぐらいで決まったんですけど(笑)。表面は紙くずを投げ捨てているシーンです。二人が歩いていて、ゴミを捨てる。裏面は、それを拾って開いたら、小文字でuhnellysと書かれた紙だったっていう流れです。今回「uhnellys」から「UHNELLYS」に表記を改めたことに通じています。看板の英字の文章もそれに関わることが書いてあるんですよ。

CONTRAST [インタビュー] UHNELLYS | 説明不要のインパクトを―

自分たちの音楽はどう広がっていってほしいなと考えていますか。

kim

音楽が異常に好きな時期ってあるじゃないですか。音楽業界にいる人たちの多くって、10代の頃に音楽から影響を受けまくってると思うんですよ。自分が影響を受けたのって15,6歳から18歳の頃で、現代のそういった世代に影響を与えられるような作品にしたいなと思ってますね。

若い世代ですね。

kim

10代の頃に自分が受けた衝撃をその人たちにも与えられたらという思いがすごく強くて。

10代の頃にはどんな音楽を聴いてましたか。

kim

60年代の洋楽ですね。先輩から聴かされる中でThe Doorsみたいな陰のある音楽に影響されたというか。サイケだったり、ビートルズっぽくない音楽っていうか。

スタンダードな音楽の洗礼ってないんですね。

kim

そこは自分にはないんですよね。だから、やろうと思ってもできないと思うんですよ。

他にはどんな音楽に影響を受けていますか。

kim

一番影響を受けたのはSoul Coughingっていう15年ぐらい前のニューヨークのバンドなんですけど、当時のニューヨークの音楽にはすごく影響されてますね。それまでは60年代の音楽しか聴いてなかったんですよ。The Zombiesみたいなバンドしかかっこ良くないと思っていたのが、JON SPENCER(JOHN SPENCER BLUES EXPLOSION)とかSoul Coughingとかを聴いて、「音楽ってこうやって進化するんだ」ってすごい衝撃を受けたんですよ。でも逆に、文章については誰から影響を受けたってないんですよね。特定の作家を読み漁ったこともそんなにないですし。

kimさんとmidiさんの間に音楽的な共通言語ってどんなものがあるんでしょう。

midi

それがないんですよ。


kim

基本的に音楽を聴かない人で。


midi

だから、いつもインタビューでは申し訳ない気持ちになるんです。詞や曲について「誰々に影響受けてますよね」とか「誰々が好きなんですよね」とか言われるんですけど、知らないことが多くて。

音楽的な共通言語がないことにはびっくりですね。

kim

そういった話すらしたことがないんですよね。「あの曲、良くない?」とか。


midi

ないですね。

でもmidiさんは、何か動機があってドラムを叩き始めたわけですよね。

kim

なぜ始めたのかを言葉で説明できないんですよね。ふと思い立ったみたいな感じだったので。誰かの影響とかもまったくなくて。

kimさんは?

kim

俺は4つ上の兄貴の影響ですね。小学校の低学年からずっとギターを弾いてました。最初にコピーしたのはBOOWYでしたね(笑)。

UHNELLYSにはヒップホップの要素がありますけど、kimさんはヒップホップ出身ではないんですよね。

kim

そうですね。でも日本のヒップホップの研究はしましたよ。衝撃を受けたのは三善/善三ですね。とにかく韻を踏むんですよ。こんなに韻を踏む人って後にも先にもいないんじゃないかって思えるアルバムがあって、『三善的大魔境』っていう作品なんですけど、音楽を聴いてるっていうよりもあれは職人技ですね。影響を受けたというよりは、「こんなこともできるんだ」って世界を広げてくれたというほうが正しいかも。

midiさんも聴かされてるんですか。

midi

そうなんですよ。「ここがすごいんだよ」って解説されます。


kim

(笑)。あとエンターテイメントという意味ではライムスターにはすごく共感できるというか。

語感や韻は重要な要素ですか。

kim

そうですね。曲の譜割りに合わせて歌詞を書くんですけど、それに気付き始めたのってわりと最近だったんですよ。「to too two」より前は歌詞はまったく別に書いていたんで、言葉を無理矢理詰め込んだりしてましたね。今回のアルバムなんかは完全に曲に合わせて歌詞を書いているんで、以前と比べると、聴いてる分にはきれいに聴こえるようになったんじゃないかと。

YouTube Preview Image