CONTRASTは、創(造)る行為で私たちを魅了する人物にフォーカスし、彼らとの対話から「ものづくりの温度」を伝えるウェブマガジンです。

contrast

CONTRAST [インタビュー] 土岐麻子の光と影ー前編

土岐麻子の光と影ー前編

土岐麻子(プロフィール)

土岐麻子

プロフィール 土岐麻子
Cymbalsのリードシンガーとしてデビュー。

2004年の解散後、実父土岐英史氏を共同プロデュースに迎えたジャズ・カヴァー・アルバム『STANDARDS~土岐麻子ジャズを歌う~』をリリースし、ソロ活動をスタート。

上記『STANDARDS』シリーズ全3タイトル、オリジナル・アルバム『Debut』、ポップス・カヴァー・アルバム『WEEKEND SHUFFLE』をリリース後、2007年11月rhythm zone移籍第1弾アルバム『TALKIN'』でメジャーデビュー。

2008年6月には、真心ブラザーズや松田聖子、マドンナなどの名曲をカヴァーした企画ミニ・アルバム『Summerin'』をリリース。同年10月、本人出演/歌唱が話題となったユニクロTV-CMソング「How Beautiful」がシングル・ヒット。この楽曲およびNISSAN“新型TEANA”TV-CMソング「Waltz for Debby」などを収録した2009年1月リリースのアルバム『TOUCH』がスマッシュヒットを記録。

2011年1 月、“あなたって不思議だわ あなたっていくつなの?”というサビのフレーズが印象的な資生堂“エリクシール シュペリエル”CMソング、「Gift ~あなたはマドンナ~」をリリース。さらに同年2月、同曲を収録した“CM&カヴァー・ソング”ベスト・アルバム『TOKI ASAKO“LIGHT!”~ CM & COVER SONGS ~』をリリースし、いずれもオリコンの自己最高位を記録。

2011年11月にはコンセプチュアルなミニ・アルバム『sings the stories of the 6 girls』で新境地を開き、 同年12月には新曲2曲を含む初のオールタイム・ベスト・アルバム『BEST! 2004-2011』をリリースした。
自身のリーダー作品のみならず、数多くのアーティストの作品へのゲスト参加、また50社以上にわたるCM音楽の歌唱やナレーション、TV、ラジオ番組(JFN 系20局ネット放送中「TOKI CHIC RADIO」) のナビゲーターも務めるなど、“声のスペシャリスト”。
土岐麻子 ウェブサイト

Cymbalsのリードシンガーからソロのシンガーに転向して7年、土岐麻子が初のオールタイム・ベストアルバム『BEST! 2004-2011』をリリースした。CMで耳にした「Gift ~あなたはマドンナ~」や「How Beautiful」などの代表曲をはじめ、「September」や「Waltz For Debby」といったカバー曲も網羅。今日に至るまでの軌跡が余すことなく刻まれているが、このベストアルバムはただ過去を振り返るだけの記念碑的な作品ではない。その証拠に2つの新録曲が収録されている。彼女の言葉を借りると、”BEST”といっても土岐麻子の活動は続いている。つまり、これからの土岐麻子を予感させる、現在進行形のベストアルバムなのだ。

今回の前編インタビューでは、7年間のキャリアにおける幾つかの転機にフォーカス。それを踏まえた上で、シンガーとして彼女が目指す姿について語っている。「あなたって不思議だわ あなたっていくつなの?」の印象的なフレーズでおなじみ「Gift ~あなたはマドンナ~」をきっかけに、初めて土岐麻子を知った人もきっと多いことだろう。このインタビューを通じて、歌声だけではなく、彼女の表現そのものに注目してほしい。

Text by Shota Kato Photo by Daisuke Taguchi Hair & Make by Megumi Watanabe

進化していきたいという意味でのベストアルバム。

個人的には、ベストアルバムってリリースするタイミングが一番難しいと思うんですね。

土岐

大人の事情というか、こんなこと言って良いのかな…(苦笑)。特にアーティスト活動をしてきた上で、ベストアルバムを出すっていうことは最初あまり考えてなかったんです。レコード会社との話し合いの結果、リリースすることにはなったんですけど、最初はしっくりきているタイミングではなかったんですね。ベストアルバムって、出すタイミングを自分で決められるとしても、なかなか出せないものだと思うんですよ。

区切りの見極めって難しいですよね。

土岐

そうなんですよね。例えば、解散するとか活動休止するっていうひと区切りのきっかけがないと。でも常に現在進行形で、私の総まとめの年ではないし、何か大きく区切ろうというタイミングでもなかったので、このまま進化していきたいっていう意味合いを持たせるためにもさてどうしようかと。

土岐さんは、これまでに入門編的なアルバムを2枚リリースしていますよね。『TOKI ASAKO “LIGHT!” 〜CM & COVER SONGS〜』と『VOICE 〜WORKS BEST〜』がそれにあたると思うんですが、この2枚はベストアルバムではないですよね。

土岐

そうですね。やっぱり『VOICE』も出したし『LIGHT!』も出したばかりで、どちらもカバー曲やCMソングが中心で、いわゆる本来のベストアルバムではないけれども、私がリスナーだったら受ける印象があまり変わらないなと思ったんですね。やっぱりギュッとした新譜を聴きたいし、既発表曲を集めたものっていうのは、パッケージとして今まで応援してきてくれた人には、そんなに魅力を感じてもらえないかもしれないって。色々と考えた結果、バランスをとれれば良いのかなって思えたんですね。

そこで言うと、新録曲が2曲入っていますよね。あとボーナストラックも。

土岐

現在進行形の曲を含めたベストアルバムだったら、私の中で腑に落ちやすいなって思ったんですよね。過去があって今があるっていうところを切り取ることができたら、ちゃんとストーリーとして作る気持ちとしては、すごくしっくりくるなと。そして、その前に6曲入りのミニアルバム(『sings the stories of 6 girls』)もリリースするということで、私の中では心のバランスがちょうど取れたので、2枚でひとつみたいな気持ちなんです。

CONTRAST [インタビュー] 土岐麻子 | 土岐麻子の光と影 ー前編ー—

今一番興味があるのは、日本語のポップスで日本語を伝えていくこと。

過去を振り返るだけでなく、前を向いたベストアルバムだと思いますし、ミニアルバムは六編のストーリー仕立てじゃないですか。土岐さんの2011年は「Gift 〜あなたはマドンナ〜」というシンボリックな曲で始まって、いま仰ってくれた気持ちの込められたベストアルバムとミニアルバムで締め括るっていうのは、ものすごく意味があるなって思ったんですよね。

土岐

良かった。ありがとうございます。

土岐さんは、オリジナル曲以外にも洋邦のカバー曲にも取り組んでいるので、選曲が迷いに迷いそうですね。

土岐

例えば「土岐麻子のオールタイム」と考えると、カバー曲は外せなかったり、『STANDARDS』(ジャズのカバーアルバムシリーズ)の中の英語の曲も。いわゆる「Best Thing」で考えると、そういうものも欠かせなくなってきちゃうんですよね。「新録曲を入れて現在進行形の私を見せたい」と考えると、全部が今に繋がっていると感じられる曲が良いなと思っていて、今は特にカバーをやりたいっていう気分ではないし、『STANDARDS』シリーズももう少し先かなって思ってるんですね。

そこで言うと、土岐さんが今やりたいことって何ですか?

土岐

日本語のポップスで日本語を伝えていくことですね。日本語とサウンドを、できるだけポップな関係性で結び付けて提示する。そういった表現に今一番興味がありますね。2つの新録曲は全然タイプの違う曲なんですけれども、言葉とサウンドの関係性を私なりに追求した2曲だったりして、その2曲に通じていく選曲にしたんですね。曲の中で歌われている言葉が今もしっくりくるものだったり、サウンドに対しての言葉選びが気に入っているものだったり。あとは自分が作詞したものでなくても、今もライブで歌いたい言葉が入っているとか。今は言葉を重要視しているので、選曲も言葉を意識しながら振り返りましたし、全部が今に繋がっていると思える曲たちですね。過去の作品でも遠い感じがないというか、今の自分に近い距離感のものを選んでいますね。だから、サウンド的には全体の統一感がないっていう(笑)。

バリエーションが豊富で良いことじゃないですか(笑)。ちなみに、どうして日本語を重要視するようになったんですか?

土岐

もともと山下達郎さんやEPOさん、吉田美奈子さんの『FLAPPER』が好きだったりとか。小さい頃に憧れて好きだったポップスの人たちって、洋楽のようなサウンドなんだけれども、日本語が違和感なく乗っているんですよね。きちんとメッセージがあったりするんですけど、それが前に出過ぎずに、ちゃんとリズムやメロディー、ハーモニーと一緒に違和感なく届いてきて、そのままメッセージを聞き流すこともできるし、深く立ち止まって聴くこともできる。すごく自由さがあるんですよね。後からメッセージが効いてくることもあるし、サウンドと言葉が対等な関係で融合しているポップスがとても好きなんですよ。

原体験に立ち返っている感じですか?

土岐

そうですね。とにかく音楽を聴いてワクワクしてもらったり、世界観に浸ってもらいたくて。踊ってもらったり、自分が世界のヒロインになった気持ちになってもらっても良いし、サウンドにスッと溶け込んでもらいたいという気持ちがありますね。

実際に歌う中で、言葉に対してどんなことを意識していますか?

土岐

リズムとイントネーションかな。普通に靴のことを「くつ」(「つ」にアクセント)って言うじゃないですか。関西の人が作詞すると、イントネーションが違うんですよね。例えば、リンドバーグの”今すぐKiss Me”っていう曲がありますよね。「歩道橋の上から〜」の「うえ」に関西を感じるんです。

たしかに!(笑)

土岐

それは別に関東の人でもやることなのかもしれないですけどね(笑)。できるだけそういう話し言葉から離れないようなイントネーションにしたり、あとは曲の中のメロディーに「タタタタタタ」っていう6音があったとしても、3:3や4:2で分かれていたりとか。一見全部繋がっているように聞こえるんだけど、その分け方を変えるとリズムの見え方も変わってくるので、そういうものが「一番気持ち良く聞こえるのはどこなのかな?」って探す感じですね。でもそうすると、自分が一番メッセージで言いたいことと矛盾したりすることもあるわけですよ(笑)。そこのせめぎ合いですよね。どっちを取るかっていう。

「私の絵のアーカイブがある!」と口火を切ったんですね(笑)。

過去から現在への繋がりという意味で言うと、ベストアルバムの曲以外にも触れざるを得ないんですが(笑)。

土岐

あぁ、私が描いた絵ですね(笑)。

はい(笑)。ブックレットにも土岐さんが描いたイラストが載っていますけど、レコーディングの時に描いたものから学生時代に描いたものまであるそうですね。

土岐

レコーディングの時に描いたものは、マネージャーがとっておいてくれるんですよ。「何かの時に使えるかもしれない」って(笑)。その何かが思っていたよりも早くきてしまって。ミニアルバムとベストアルバムの発売日がすごく近かったじゃないですか。

1ヵ月足らずでしたよね。

土岐

制作が大変で、気付いたらジャケットの入稿日があと10日後っていう状況で。今からデザイナーさんに発注して、写真を撮って、スタイリストさんやらメイクさんを…と考えた結果、「絵でいこう」っていう話になったんですよ。「どうしよう…」となった時に「私の絵のアーカイブがある!」と口火を切ったんですね(笑)。

自ら発射台に乗ったんですね(笑)。

土岐

覚悟を決めた感じですね(笑)。最近、モバイルサイトのグッズにイラストを使ったりしていたので、そろそろ良いかなと。

ベストアルバム購入者への解説になると思いますけど、イラストのタッチに相当な振り幅がありますよね。

土岐

雑なのはレコーディング中に描いたものですね。お蕎麦とか、もっと緻密なものは、学生の時に何かに取り憑かれたように描いたものですね。当時やっていたバンドのインビテーションカードだったり、当時は全部アナログ作業だったんで、大体イラストだったんですよ。あとはフォントを切り貼りするみたいな。私はいつも絵を描いていて、友達のバンドから頼まれたりとか、後輩のバンドのカセットテープのレーベルを描いたりとか。カセットってすごいですね(笑)。今はそうでもないんですけど、その頃は本当に絵が上手で、下描きなしでそのお蕎麦とかを描いたんですよ。すごくないですか?(笑)

YouTube Preview Image