CONTRASTは、創(造)る行為で私たちを魅了する人物にフォーカスし、彼らとの対話から「ものづくりの温度」を伝えるウェブマガジンです。

contrast

CONTRAST [インタビュー] 道なき道の開拓者たち

道なき道の開拓者たち

SPECIAL OTHERS(プロフィール)

SPECIAL OTHERS

プロフィール SPECIAL OTHERS
宮原 "TOYIN" 良太(ドラム)、又吉 "SEGUN" 優也(ベース)、柳下 "DAYO" 武史(ギター)、芹澤 "REMI" 優真(キーボード)

1995年、神奈川県立岸根高校の同級生だったメンバーにて結成。2000年頃より東京、横浜を拠点に、インストバンドとしての利点を生かし、クラブでのDJイベントやレストランバー、路上などで活動。その活動が話題となって2004年と2005年にインディーズ盤2作品をリリース。その後、FUJI ROCK FESTIVALなど各地フェスでのパフォーマンスが好評を博し、2006年6月にミニアルバム「IDOL」にてメジャーデビュー。以後、ロッキンやサマソニ、ライジング等、様々なフェスへの出演やロック等、様々なジャンルのアーティストとの共演など更に活動の場を拡げる。2009年4月にリリースした3rdアルバム「PB」ではオリコンチャート10位に初登場。それに伴うツアーにて、初の日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブは即日完売となる。2010年10月に約1年半ぶりのリリースとなる4thアルバム「THE GUIDE」も、前作から続き2作連続のオリコンチャート10位にランクイン。それに伴うツアーにて、初のZepp東京でのワンマンライブも即日完売となる。2011年はコラボイヤーと銘打って、様々なコラボレーション作品に取り組み、その締め括りとなる作品集『SPECIAL OTHERS』を11月30日に発表。これまでにミニアルバム4作品、フルアルバム4作品、DVD1作品、シングル5作品、配信ライブアルバム5作品、アナログ盤2作品をリリース。メンバーのミドルネームはTony Allen氏によるものである。
SPECIAL OTHERSウェブサイト

2011年をコラボイヤーと銘打ち、キヨサク(MONGOL800)、Kj(Dragon Ash)をヴォーカリストに迎えたシングルを立て続けにリリース。その総括となるコラボ作品集に、SPECIAL OTHERSは自らのバンド名を冠した。

メジャーデビューした2006年以降、SPECIAL OTHERSは競演バンドをはじめ、様々なミュージシャンとのネットワークを築いてきた。今回のコラボ作品集にも如実に現れているが、ストレイテナー、ACIDMAN、ASIAN KUNG-FU GENERATIONといったロックバンドとの交流はトピックの一つだろう。異種格闘技的な対バンや幾多のイベント出演を経て、SPECIAL OTHERSの名前は着実に浸透し、新たなファンを増やし続けている。耳なじみの良いメロディーとマニアックなリズムの音楽で、玄人からライトユーザーまでを虜にする、極めて稀なインストジャムバンド。それはSPECIAL OTHERSに他ならない。

今回のインタビューはメンバー全員が登場。一連のコラボ企画を題材に、彼らのパブリックイメージや周辺環境、メジャーというフィールドで活動し続ける意味など、腰を据えて話を聞かせてもらった。

Text by Shota Kato Photo by Daisuke Taguchi

すごくワガママかもしれないけど、皆に良いって言ってもらいたい。

今回のコラボ作品集は、スペアザの音楽がさらに世の中に広まるきっかけになるんじゃないのかなと思ってます。歌入りということで、オリジナルアルバム以上に新しいファンを獲得するかもしれませんし。

芹澤

そう言ってもらえると嬉しいですね。俺らにしてみれば、今まで通りの作り方にプラスして歌が入ったということで、自分たちでは変わったことをやったとは思ってないんですよね。

年々スペアザの知名度が高まっている中で、それに比例して色んなパブリックイメージが出てきているなと感じるんですね。賞賛から辛辣な意見も含めて。

芹澤

そうですね。パブリックイメージが大きすぎるというか、成長とか変化は当たり前のようにしますからね。

CONTRAST [インタビュー] SPECIAL OTHERS | 道なき道の開拓者たち

まさにそういうことだと思うんです。例えば「タテノリよりヨコノリの方が好きだ」みたいに、アーカイブが蓄積された分だけ、色んな期待があるというか。

宮原

昔は小さいハコをイメージして作ってたことが多かったんですけど、今は大きいハコでライブをやることが多くなったので、そういう場所で映える曲をイメージしているのかもしれないですね。概ね褒められることが多いですけど、俺は批判的な意見をメモして、あとで皆に発表して一個一個突っ込んでます(笑)。


芹澤

俺らは良いと思ってやってるけど、気にしないほど大人ではないんですよね(笑)。


宮原

俺たちは自分たちのやることをやるだけで。でも批判の意見は面白いですね。発表した時に皆が燃えるんで。


芹澤

「ギターがダメだ」とか言われてると笑えるんですけど、自分に火の粉が降り掛かってくると一気にね。


柳下

「この野郎!」ってね(笑)。すごくワガママかもしれないですけど、皆に良いって言ってもらいたいと思って作ってるんで、一人でも「この音楽は嫌いだ」って言われると寂しいことだし、それは無理なことだっていうのは分かってるんだけど、それでも多くの人に良いって言ってもらいたいんですよね。


宮原

皆にチヤホヤされたいよね。


柳下

音楽を作ってる以上はね。

楽曲と人と向き合って完成した最高の作品。

今回のコラボイヤーはどんな経緯から始まったんですか?

宮原

企画自体は5年前とか、メジャーデビュー当時くらいから出てましたね。


柳下

インストバンドをやってることもあってか、自然とそういう話は出てくるし、周りからも言われたりして。

当時やるのと今とでは意味が全く違いますよね。

宮原

そうなんですよ。企画はあっても、いつやるかが重要な話なんですよね。メジャーである程度やって、多くの応援してくれている人たちもできて、今回コラボしたミュージシャンの方達もSPECIAL OTHERSを知ってくれていて、ライブも観てくれている。そんな環境もあったので、今年かなと思いました。

文字通り「満を持して」ですね。

宮原

そうです、そうです。


芹澤

例えば「ストレイテナーのホリエさんとACIDMANのオオキさんがなんかのバンドと一緒にやるらしいよ」と言われたくないというか、それだとコラボすることに意味を見出せないんですよね。ちゃんと認識してもらえないとやる意味もなかったし、面白くないなと思ってましたね。

CONTRAST [インタビュー] SPECIAL OTHERS | 道なき道の開拓者たち

コラボとはまた違う形ですけど、『UNCLE JOHN』をリリースする前に、Leyonaさんに”ローゼン”と”パレード”という2曲を提供してますよね。今回のコラボに負けず劣らずの名曲だと皆さんに直接伝えたかったんですよ。

柳下

取材で初めて言ってもらえたかも。


宮原

名曲なんですよ。なかなか言われないなと思ってたんですよね(笑)。

コラボ作品集を機に、あの2曲にも日の目が当たってほしいなと。

宮原

それはありますね。

当時の場合は楽曲提供と演奏という関わり方でしたけど、今回は逆に自分たちの作品にゲストミュージシャンを迎え入れるという形じゃないですか。

宮原

そうですね。俺らはトラックを作って、ボーカルパートをお願いしますっていう基本スタイルですね。


芹澤

楽器の部分は信頼して作らせてもらって、歌はイメージを伝えずにお任せして「この曲に歌詞と歌を付けてください」という感じですね。


宮原

“空っぽ”はボーカルパートのメロディーも俺たちが作ってますね。もともと10年以上前に作った曲なんですけど、「自分たちで出すのもね」っていう話でずっとストックされてたんですよ。


芹澤

それにキヨサクくんに詞を付けて歌ってもらいました。


又吉

昔はライブでもやってたんだけどね。

一曲ごとに双方の関わり方が違うんですね。

宮原

そこで個性が出てくるんですよね。

アルバムタイトルは完全に意表を突かれました。セルフタイトルって自分たちの生き写しや節目の作品に使うことが一般的だと思うんですけど、コラボミュージシャンの方たちを「特別な他人(SPECIAL OTHERS)」に例えていますよね。発想の妙を教えてもらえますか?

宮原

これを最初に聞いた時は目から鱗だったんですよ。ディレクターが「この作品のタイトル『SPECIAL OTHERS』だと思うんだよね」って言い始めて、それを聞いた時に「マジじゃん!」と思って。


柳下

俺も「意味バッチリじゃん!」と思った。その場で「良いじゃん、良いじゃん」っていう感じになったよね。

CONTRAST [インタビュー] SPECIAL OTHERS | 道なき道の開拓者たち

ディレクターさんの一声が。

芹澤

自然と放っておいたら、俺らもそう言ってたんじゃないかと思うぐらいにしっくりくるっていうか。


柳下

まだコラボ相手も決まってない時にそういう話が出てたから。


芹澤

生き写しってありましたけど、これこそ俺らの生き写しだし、俺らの歩んできた歴史でもあるんですよね。こういう人たちと出会ってきて、音楽を作ってきた。決してコラボ盤だからと言って、コンピレーションみたいな扱いじゃなくて、俺らのちゃんとした一つの作品として。


宮原

俺たちの本気度も見せたかったんですよね。自分たちのバンド名をタイトルにして人様とやるっていうことは、それだけの自信があるっていう。


芹澤

「ちょっとコラボやってみようよ」みたいな感じじゃなく、すごく楽曲と人と向き合って完成した最高の作品だと思ってるから、今まで俺らの音楽を聴いてくれてた人も「コラボなのか…」って構えて聴かないで、俺らの一作品として聴いてくれたら嬉しいですね。

YouTube Preview Image