CONTRASTは、創(造)る行為で私たちを魅了する人物にフォーカスし、彼らとの対話から「ものづくりの温度」を伝えるウェブマガジンです。

contrast

CONTRAST [インタビュー] あの時代あってこその今—前編

あの時代あってこその今—前編

サイトウ”JxJx”ジュン(プロフィール)

サイトウ”JxJx”ジュン

プロフィール サイトウ”JxJx”ジュン
YOUR SONG IS GOOD オルガン / リーダーその他モロモロ。SPACE SHOWER TV『スペシャエリア』(毎週水曜19:00~21:00)メインVJを担当。MIX CD『JxJx presents EAST NAKANO DISCO PLATE vol.1』が局地的に話題を集めている。

YOUR SONG IS GOOD(ユアソングイズグッド)
1998年1月結成。サイトウ "ジェイジェイ" ジュン(Org / Vo)、ヨシザワ "モ~リス" マサトモ(Gt)、シライシ "シライシ" コウジ(Gt)、タナカ "ズィ~レイ" レイジ(Dr)、タカダ "ダ~タカ" ヒロユキ(Ba)、ハットリ "ショ~ティ" ヤスヒコ(Tb)から成る、激烈で雑多なダンスミュージックを無礼講な演奏でフロアとお茶の間に投下しまくる6人組。 メロウでハード、それでいてハートに響く激烈なライブは各地で大絶賛中である。最新作は2011年10月12日リリースのベストアルバム『BEST』。『YOUR SONG IS GOOD BEST TOUR』も10月22日札幌からSTART。

YOUR SONG IS GOODのBLOG
カクバリズム ウェブサイト

結成12年目にして、YOUR SONG IS GOODがベストアルバム『BEST』をリリース。今やメジャーで大躍進、今年のFUJI ROCK FESTIVALでは40,000人を収容するGREEN STAGEでのライブを大成功に収めたYOUR SONG IS GOODだが、皆さんは結成以前の彼らの活動をご存知だろうか?

今回のインタビューに答えてくれたのは、リーダー&オルガン担当のサイトウ”JxJx”ジュン。YOUR SONG IS GOODの母体バンドにあたるSCHOOL JACKETSを結成する前に、JxJxはFRUITYというスカコアバンドで活動していた。というのは、ファンのみならず有名な話だろう。今回JxJxに語ってもらったのは、自身の音楽体験とFRUITYとして活動していた90年代半ばから後期にかけてのバンドカルチャーについて。JxJxが次から次へと繰り出す固有名詞やエピソードから、時代の空気感やJxJxを形成する様々な要素を感じ取ってほしい。

CONTRAST初の前後編インタビュー、まずはサブカルチャーの洗礼を受けた学生時代からどうぞ。

Text by Shota Kato Photo by WYPAX

洋楽誌を読み込むことで、見たことのないバンドを知るように。

なんだかすみません…。ベストアルバムの話題に一切触れないインタビューになると思います。

JxJx

逆に良いと思います(笑)!

そう言ってもらえると助かります。まずはサイトウさんが、音楽、特にパンクに興味を持ち始めたきっかけを教えてもらえますか?

JxJx

だいぶ遡りますが、最初は小学校の頃に、洋楽に興味を持ったんですよ。子どもながらにテレビとかラジオとか、自分の身の周りにあるものを見ていくうちに、当時のCMでデュラン・デュランとかワム!とかが出ていたんで、洋楽の断片的な情報が入ってきたんですよね。そこからミュージックライフとかの雑誌を買い始めるんです。僕は少年ジャンプとかも細かく読む方なんですけど、後ろに作者の編集後記みたいなのあるじゃないですか。

分かります。最後のページにありますよね。

JxJx

ああいうのも必死に読むような面倒くさい子どもだったので、洋楽誌の隅っこの方まで読むことで、あんまりテレビとかで見たことのないバンドの存在を知るようになるんですよね。

CONTRAST [インタビュー] Cutsigh | ギターで紡ぐ等身大の自分

当時で言うとどんなバンドを?

JxJx

例えばSIGUE SIGUE SPUTNIKとかBIG AUDIO DYNAMITEとかですね。バンドの説明にパンクっていう文字があって、SIGUE SIGUE SPUTNIKが元GENERATION Xで、BIG AUDIO DYNAMITEが元THE CLASHといった情報も付け加えられいて、これはなんだろうと。で、自分がBIG AUDIO DYNAMITEの2ndを買って、友達のリュウスケ君がTHE CLASHの『CUT THE CRAP』を買ったりとか。二人とも『LONDON CALLING』に辿り着くまでしばらくかかりましたね(笑)。そんな感じで「どうやらヒットチャート系よりこっちの方がなんだか面白そうだぞ」ってことに中1くらいで気付くんです。

ビルボードやベストヒットUSAにチャートインする音楽から鞍替えするんですね。

JxJx

そうです。で、洋楽番組の話に限れば、MTVにビルボードTOP40やベストヒットUSAに加えて、僕は関西だったんで、POPベティハウスっていうレジェンド的な番組があってですね。

関西ローカルですか?

JxJx

そうだと思いますね。サンテレビという神戸のローカルTV局でやってました。司会はクッキーっていう軽快な女性だったんですけど(笑)。

素晴らしい名前ですね(笑)。

JxJx

クッキー、ヤバかったですね。金髪でギリシャ出身のわかりやすく外国の雰囲気を醸し出す女性でした(笑)。記憶が定かではないんですけど、たしか毎日やってたんじゃないかな。いや、そんなことないか。でもちょうど6時のニュースの裏あたりでやってたってこともあって、よく観てましたね。決してマニアックな内容ではなかったですが、洋楽への入り口としてかなり機能してたと思いますけどね。とりあえず小6の頃はめちゃくちゃ観てましたよ。

CONTRAST [インタビュー] Cutsigh | ギターで紡ぐ等身大の自分

他にはどんなテレビ番組を見てました?

JxJx

あとはソニーミュージックTVですね。3時間延々とPVだけ垂れ流すという。眠くて最後まで起きてられないから、3倍でビデオに録画して3時間の中から”ROCK THE CASBAH”のビデオを発見して、一人でガッツポーズとか(笑)。そんな感じで、どんどん洋楽にのめり込んでいったんです。そもそも小6で神戸に引っ越してきて、当時のスタンダードはおニャン子クラブやチェッカーズだったんですけど、そんな状況の中クラスに洋楽好きの友達が3人ぐらいいて、彼らと仲良くなることによってかなり加速しました。で、ちょうど中1の時が86年でパンク10周年ってことで、色々な洋楽誌が、SEX PISTOLS、THE CLASH、THE DAMNEDとかをザックリと特集するわけですよ。ここで大まかなパンクの歴史を勉強するというか。とにかくバンド名と見てくれとエピソードにやられて興味を持ったのがきっかけでした。

テレビ以上に雑誌が身近なメディアだった印象を受けますね。

JxJx

雑誌は皆でチェックしてましたね。小学生だと小遣いもたかが知れてるので雑誌を大人買いできないじゃないですか。それぞれの買う雑誌が自然と決まっていきましたよね。僕の場合だったら、当時はミュージックライフとポップギアっていう雑誌があったんですけど、僕がポップギアを買って、妹にミュージックライフを無理やり買わせたりしてました(笑)。

YouTube Preview Image